よくあるご質問

よくあるご質問2024-03-22T20:01:42+09:00

よくあるご質問

バイオジップコードの事業に関する、よくある質問にお答え致します。FAQにない内容に関しては、お気軽にお問い合わせフォームより、お問い合わせください。

糖尿病及び糖尿病合併症を完治させる治療薬の開発

新薬は経口でしょうか?静脈注射でしょうか?2023-12-25T08:55:55+09:00

そのどちらでも開発可能と現在認識しております。

1型糖尿病にも効果はありますか?2024-01-21T19:51:56+09:00

糖尿病の病状の重軽や1型2型を問わず、全患者が対象となります。また糖尿病の合併症に対しても、そのほぼすべてで効果があります。詳しくは薬の作用機構をご確認ください。

新薬の開発費用と資金調達の計画は?2023-12-25T03:22:18+09:00

新薬の開発費用は、通常、数十億円から百億円の規模で必要とされます。当社は、研究開発、臨床試験、規制当局への申請などに必要な資金を確保するために、投資家からの資金調達、政府や民間の助成金、及びパートナーシップを通じた共同研究による資金調達を検討しています。効率的な資金調達と資源の最適化は、新薬開発の成功に不可欠です​。

新薬の国際市場での展開は計画されていますか?2023-12-25T03:19:54+09:00

国際市場への展開は、国ごとの規制や市場の需要に応じて検討されます。糖尿病は世界的な健康問題であるため、国際的な需要が期待されます。

新薬の対象患者層はどのように決定されますか?2023-12-25T03:19:25+09:00

対象患者層は、臨床試験の結果に基づいて決定されます。特に重症の糖尿病患者や、他の治療法で改善が見られない患者が優先される可能性があります。

新薬の開発における主な課題は何ですか?2023-12-25T03:20:20+09:00

新薬の開発における主な課題は、糖尿病の根本原因に対処する有効な治療法を見つけることです。現在の治療法は血糖値の管理に重点を置いており、糖尿病そのものの完治には至っていません。さらに、新薬の安全性と有効性を確認し、規制当局の承認を得る必要があります。これには、広範囲の臨床試験と厳密なデータ分析が必要です

糖尿病完治薬の市場における競争優位は?2023-12-25T03:21:05+09:00

この薬は糖尿病の根本原因に焦点を当てているため、現在の対処療法とは異なるアプローチを提供します。これにより、患者の完全な治癒を目指す点で競争優位を持ちます。

具体的にいは、この薬は糖尿病の根本原因に直接作用することで独自性を持ちます。特に、糖尿病の発症原因とされる幹細胞の異常に着目し、それを正常化することを目指しています。これにより、糖尿病及びその合併症を根本から解決し、患者の生活の質を大幅に改善することを目指しています。既存の治療法とは異なる新しいアプローチで、糖尿病の完治を可能にする可能性があります。

糖尿病の新たな診断薬の開発は?2023-12-25T03:03:54+09:00

糖尿病の原因となる異常な幹細胞を特定する新たな診断薬の開発を行っています。これにより、従来の診断法を超える精度が可能になります​。具体的には、従来の空腹時の血糖値やヘモグロビンA1C(HbA1C)の値に変わる、白か黒かの判断が可能になります。

新薬の安全性は?2023-12-25T03:02:11+09:00

HDAC阻害剤は既に他の効能で市販されており、安全性は確保されています。これにより、開発費や期間が新薬ほど掛からずに済みます。

新薬の市場導入の時期は?2023-12-25T03:21:38+09:00

新薬の市場投入には、臨床試験の成功と規制当局の承認が必要です。2024年中に第1相試験を開始し、2025年後半から2026年前半に第Ⅲ相試験に入ることを目標としています。成功すれば、この新薬は糖尿病患者にとって大きな希望となり、医療費の削減や社会経済的な負担の軽減にも貢献する可能性があります。さらに、糖尿病合併症に対する効果も期待されています​。

新薬の開発方法は?2023-12-25T03:00:29+09:00

既に市販されているHDAC阻害剤を用いて、リポジショニング或いはリパーパスにて、糖尿病に対する治療効果について臨床開発を行います。この薬剤は糖尿病合併症にも効果が期待されます。

市場では糖尿病治療薬は沢山あり、新薬の必要性は?2023-12-25T02:59:40+09:00

世界には約5億3700万人の糖尿病患者がおり、一度発症すると現在の医学では完治が難しいとされています。この新薬は、従来の血糖値のコントロールを主眼においたものとは違い、糖尿病及び糖尿病合併症を完治させることが目的です。これにより、患者の生活の質を向上させ、医療費の削減にも貢献する可能性があります。

この治療薬の特徴は何ですか?2023-12-25T02:58:04+09:00

研究では、糖尿病の根本原因となる特定の細胞に焦点を当てています。新しい検査薬でこれらの細胞を特定し、糖尿病を完全に治す新薬の開発に取り組んでいます。

新薬の開発目的は何ですか?2023-12-25T02:57:48+09:00

新薬は糖尿病を完全に治療することを目指しています。現在の治療法は血糖値のバランスを取ることに重点を置いていますが、糖尿病そのものを完全に治すわけではありません。

ペット用の糖尿病及び糖尿病合併症を完治させる治療薬の開発

ペットの糖尿病治療における現在の課題は何ですか?2023-12-25T08:57:10+09:00

現在、ペットの糖尿病治療は主にインスリン注射に依存しており、これは飼い主にとって日々の管理が大変であり、ペットにもストレスを与えることがあります。特に、インスリン注射の頻度や量を正確に管理する必要があり、これが飼い主にとっての大きな負担となっています。新薬は、より簡単かつ効果的な治療法を提供することを目指しており、これによりペットと飼い主の生活の質の向上を目指します。

新薬の安全性評価はどのように行われますか?2023-12-25T08:55:04+09:00

新薬の安全性評価は、広範囲の動物種を対象とした臨床試験によって行われます。これには、短期間および長期間にわたる薬剤の投与による副作用の観察が含まれます。特に、慢性的な健康影響や、特定の病状に対する薬剤の影響に注意が払われます。また、新薬の投与がペットの生理学的および行動学的特性に及ぼす影響も詳細に評価されます。安全性評価の結果は、新薬の市場投入前に規制当局に提出され、承認のための重要な基準となります。安全性評価は、ペットおよび飼い主の健康と安全を保障するために不可欠です。

ペット用の新薬開発における主な課題は何ですか?2023-12-25T08:53:49+09:00

ペット用の新薬開発における主な課題は、異なる種類や大きさのペットに対する安全性と有効性の確認です。各種動物の生理学的特性や代謝の違いを考慮し、種ごとに最適化された治療法の開発が必要です。また、ペットの特定の健康状態や食生活に適した薬剤を開発する必要があります。これには、犬や猫などの主要なペット種に対する広範な臨床試験が必要となります。さらに、新薬の開発には、飼い主にとって扱いやすく、ペットにとってストレスが少ない投与方法の開発も重要です。

ペットの糖尿病治療における現在の課題は何ですか?2023-12-25T08:53:29+09:00

ペットの糖尿病治療は主にインスリン注射に依存しています。しかし、この治療法は日々の管理が複雑で、飼い主にとって大きな負担となります。特に、正確なインスリンの投与量や頻度の管理は、飼い主にとって困難であり、誤った管理はペットの健康に重大なリスクをもたらす可能性があります。また、インスリン注射はペットにとってストレスとなり、その結果、治療の効果が低下することもあります。新薬は、これらの課題に対処し、より簡単かつ効果的な治療法を提供することを目指しています。

新薬の作用機序はどのようなものですか?2023-12-25T08:52:58+09:00

糖尿病の原因である変異を起こした造血幹細胞を正常化します。これは糖尿病や糖尿病の合併症の根本的な原因に対処します。このアプローチにより、従来の治療法であるインスリン注射の頻度を減らすだけなく、治療によってやめることが可能になります。これにより、ペットの日々の生活の質を大幅に改善することが期待されます。

新薬の開発目的は何ですか?2023-12-25T08:50:52+09:00

ペットの糖尿病及びその合併症を完治させることを目的としています。この新薬は、ペットのインスリン分泌不足やインスリン抵抗性を改善し、血糖値を正常化するだけでなく、完全に寛解(完治)することです。現在、日々のインスリン注射に依存しており、飼い主にとって大きな負担となっています。新薬の開発により、ペットの生活の質を向上させ、飼い主の精神的および経済的負担を大幅に軽減することが可能になります。さらに、動物の健康と福祉を改善し、より長い寿命を実現することも目標です。

パラオ共和国での医療支援事業

パラオにおける医学部大学設立のための調査は、どのようなプロセスを経て行われますか?2023-12-25T13:26:08+09:00

パラオにおける医学部大学設立のための調査は、包括的かつ段階的なアプローチで行われます。初期段階では、地域の医療ニーズと教育リソースの評価が行われます。次に、可能なキャンパスの場所、教育設備、および学術プログラムの設計に関する詳細な計画が策定されます。このプロセスには、政府機関、教育専門家、地元コミュニティ、そして国際的なパートナーとの協議が含まれます。これにより、地域のニーズに適した、持続可能で効果的な医学教育機関の設立が目指されます。

糖尿病治療における最新の医学的進歩は、パラオでどのように応用されますか?2023-12-25T13:25:28+09:00

糖尿病治療における最新の医学的進歩は、教育プログラム、臨床試験、そしてカスタマイズされた治療計画を通じてパラオで応用されます。これには、最新の薬物療法、生活習慣の改善戦略、および糖尿病管理のための技術的ツールの導入が含まれます。また、現地の医療従事者へのトレーニングを提供し、患者の自己管理能力を強化することも重要です。このアプローチにより、糖尿病の予防と管理における最新の知見が現地で活用されます。

シェラトンパラオのクリニックと地域コミュニティとの連携はどのように行われますか?2023-12-25T13:24:53+09:00

将来設立されるシェラトンパラオのクリニックと地域コミュニティの間の連携は、地域のニーズを理解し、コミュニティベースの健康プログラムを提供することで行われます。コロール州や本島の地域のリーダー(ハイチーフ)や住民との定期的なミーティング、健康教育セッションの実施、そして地元の文化や伝統に敏感な医療サービスの提供が含まれます。これにより、クリニックはコミュニティの一員としての地位を確立し、より効果的な健康ケアを提供することができます。

パラオ共和国に医学部の大学を設立する際の主な課題は何ですか?2023-12-25T13:23:59+09:00

パラオ共和国に医学部の大学を設立する際の主な課題には、適切な教育リソースの確保、質の高い教員の採用、そして現地の文化とニーズに適合したカリキュラムの開発が含まれます。また、国際的な医学教育基準を満たすための施設や機器の確保、さらには学生の支援とキャリア開発プログラムの提供も重要な課題です。これらの課題に対処するためには、政府、教育機関、および医療コミュニティとの緊密な協力が必要です。尚、パラオ共和国には大学の設置がありません。

糖尿病の完治に向けた治療法は、どのようにして現地で実施されますか?2023-12-25T13:20:50+09:00

糖尿病の完治に向けた治療法は、まず最新の医学研究と臨床試験に基づいて開発されます。これらの治療法は、パラオの地域社会との緊密な協力のもと、現地の医療プロトコルと統合されます。現地の医療従事者への教育プログラムとトレーニングを通じて、これらの治療法は現地で実施されます。患者の追跡と治療成果の評価も、治療法の改善と効果の最大化に役立ちます。

医療従事者間の共同研究会はどのように機能しますか?2023-12-25T13:20:32+09:00

医療従事者間の共同研究会は、知識の共有、共同研究プロジェクトの開発、および最新の医療慣行に関する情報交換の場として機能します。これには、研究発表、ワークショップ、討論セッションなどが含まれ、参加者は糖尿病治療の最先端に関する洞察を共有します。これにより、医療従事者は現地の医療環境に適した治療法を開発し、患者ケアの質を向上させることができます。

パラオでの糖尿病治療に対する医療ニーズはどのように評価されますか?2023-12-25T13:20:15+09:00

パラオでの糖尿病治療に対する医療ニーズの評価は、現地での定期的な医療調査と情報収集を通じて行われます。これには、糖尿病の発症率、合併症の頻度、および現地の医療施設の能力などのデータが含まれます。また、地域社会との対話を通じて、患者や家族のニーズや関心事を理解することも重要です。これらの情報は、治療プログラムの設計と改善に不可欠です。

建設予定のシェラトンパラオのクリニックに派遣される医師や看護師の専門分野は何ですか?2023-12-25T13:19:56+09:00

シェラトンパラオのクリニックに派遣される医師や看護師は、主に糖尿病とその合併症に特化した専門家です。これには、内分泌学、糖尿病学、一般内科、および緊急医療の専門家が含まれます。彼らは糖尿病の管理、合併症の予防と治療、そして教育プログラムの提供に重点を置いています。これは、現地の医療ニーズに対応し、患者の生活の質を向上させるためのものです。

株式会社バイオジップコードについて

国内外市場での成長と拡大に向けた長期戦略は何ですか?2023-12-25T15:06:57+09:00

国際市場への展開は国ごとの規制や市場の需要に応じて検討されています。糖尿病は世界的な健康問題であり、国際的な需要が期待されています。各国ごとに、特許のライセンス契約など、特許の各国移行が完了する前に進めています。

糖尿病完治の手法や製品の臨床試験や研究は進行中ですか、これまでの結果はどうですか?2023-12-25T15:05:31+09:00

新薬は1型および2型糖尿病患者を含む全患者を対象としており、糖尿病の合併症に対しても効果があります。現在、臨床試験の計画段階にあります​。現在の動物実験はネズミに加えて、大型の動物で研究を行っています。

主要な研究開発領域は何ですか、そしてそれらは会社の長期目標とどのように整合していますか?2024-01-21T20:32:16+09:00

主要な研究開発領域は、① 糖尿病及びその合併症を完治させる薬の開発です。糖尿病の根本原因となる特定の細胞に焦点を当て、新しい検査薬と治療薬の開発に取り組んでいます。また、②バイオジップコード技術(細胞標的化技術)の応用についても、新規事業を進めています。

現在の資本金と資金調達源について教えてください2024-04-12T17:23:57+09:00

バイオジップコードは令和4年1月に設立され、現在の資本金は7,000万円です。尚、代表取締役の小島史久氏や株式会社StudioMakyuからの資金提供、その協力企業から資金調達を行って、事業投資を行っております。尚、新薬の開発費用は通常数十億円から百億円が必要で、資金調達は投資家やVC、政府や民間の助成金、パートナーシップによる共同研究を通じて行われる予定です。

糖尿病などの未治療疾患にどのように取り組んでいますか?2023-12-25T13:35:18+09:00

バイオジップコードは、糖尿病などの未治療疾患に挑戦し、根本的な治療法を提供することを使命としています。この目標を達成するために、最先端の科学技術を用いた研究を行い、病気の本質に迫っています。糖尿病の完治を目指し、科学的な発見と社会的な理解、サポートを重視しています

株式会社バイオジップコードの設立の経緯について2024-04-22T14:39:47+09:00

株式会社バイオジップコードの設立は、2015年頃から始まりました。これは、株式会社StudioMakyu(代表取締役である小島史久氏率いる)が、滋賀医科大学の生化学・分子生物学講座(元小島秀人教授、現特別教授)との共同研究の一環として、バイオイノベーションセンターに研究室を設置したことに由来します。

StudioMakyuでは、当初からIn VivoやIn Vitroの従来のWET系研究だけでなく、In Silico研究開発の支援も行っておりました。これには、BLASTなどのバイオインフォマティクスツールの利用、独自ソフトウェアの開発、GPGPUを使用した大規模計算処理などが含まれています。

2022年1月に、StudioMakyuとの共同研究を引き継ぐ形で株式会社バイオジップコードが設立されました。その後、2022年4月に滋賀医科大学内に「再生医療開拓講座」の共同研究室が設置され、糖尿病を含む難治性疾患の完治を目指す新規治癒法の開発や、細胞標的化ペプチド(バイオジップコード)を用いた新規治療法の確立に取り組むこととなりました。

この取り組みには、マーチャントバンカーズ株式会社が1億円の出資と100億円程度の資金調達の協力を約束しました。しかしながら、研究室側の論文の査読が予定通りにでないとの理由で、共同研究費の支払いに半年以上の遅延と拒否が発生しました。また、特許申請の特許事務所へにも未払いが続き、更には共同研究契約の破棄を予告されました。これを受けて、小島史久氏がマーチャントバンカーズ株式会社の支出した総額4,000万円及び特許申請の費用と引き換えを条件として全株式を買い取り、共同研究講座の継続を図りました。また、現在約1.3億円以上を研究費及び研究関連費に支出を行っております。

2023年6月には、「Complete remission of diabetes with a transient HDAC inhibitor and insulin in streptozotocin mice(マウスでの糖尿病の完全な寛解)」に関する研究がCommunications Biologyに掲載され、株式会社バイオジップコードによる共同研究費の増額と研究の加速が進められています。現在は、2024年度以降も研究を継続する手続きを行い、製薬企業などとの業務提携や共同事業についても検討しています。

マーチャントバンカーズ株式会社側のリリースに関してはこちらのURLをご参照ください
https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/20230227518853/

Go to Top